まぁ〜きゅ。

これまで20社以上転職を繰り返してきた経験をもとに、抗うことのできない現実や実際に経験したことを中心に記事を書いていきます。

賢い人は機種変更で携帯ショップに行かない。携帯ショップ店員を信用しすぎるのは禁物!!

f:id:maakyu:20180902223843p:plain

こんにちは!maakyuです!

元携帯ショップ店員の立場で話するのもおかしいですが、

携帯ショップの人になんでも任せると自分の財布を苦しめることになります。

基本的には料金プランなどは一緒です。

しかし、何も知らずにいつの間にか高い商品を売りつけられることもあります。

今回は、そんな被害者を未然に防ぎ、より快適に安く携帯を利用する方法を案内します。

 

携帯ショップは基本高いものを売りつけようとする!?

携帯ショップの評価項目の一つに、

「副商材の獲得数」や「特定機種の販売台数」があります。しかも、結構毎月無理難題なノルマがあるので、

自然とどのお客様にも特定の商品をガンガン売らないといけなくなります。

 

商品の一例

SDカード

androidスマホなら、もっともありそうなのがSDカード

今現在はどうなっているのかはわかりませんが、一度は経験したことがあると思います。

そして、基本128GBという大容量のSDカードを紹介していることと思います。

(今は256GBかな?)

 

はっきりいって正直ビジネスでバンバン会社データ入れたり、動画をガンガン撮影する人でない限り、

 

絶対に必要ありません!!

 

そんな大容量のSDカードを紹介されても絶対に断りましょう。

もうちょっと深く話すると、ショップに売られているSDカードはとにかく高い!!

 

128GBのSDカード→32400円

(24回の分割購入→1350円/月)

 

まあこれを携帯の分割購入代金に組み込み、あたかもSDカードがそんなに高くないですよ~。的な感じで言われても高いものは高い!!

確かにSDカード自体は必要。万が一携帯が壊れてしまったときに備えて連絡先などをSDカードに移動するのは常識。

 

ただ、ネットショップで売られているSDカードは、

 

      

 

はい!こんなに安い!!

高いSDカードと安いSDカードの差はせいぜい「保証期間」と「SDに防水(笑)」くらいのものですよ。

 

だから、すすめられても絶対に断りましょう。

 

スマホケース・保護フィルム

これもねっとで買ったほうが安いですし、ショップに売られているスマホケースはデザインが限られています。

安さや自分の好みのデザインのものを探すなら、ネットで買ったほうがいいです。

 

人気のケースは断然Hamee!!

学生にも人気で、デザインももちろん、iphoneの片手操作時のフィット感が最高です。

実際ショップで働いていたころも、ダントツで人気でした。

とくにディズニーデザインが人気!!

きっと自分好みのデザインが見つかるでしょう。

 

     

あ、保護フィルムに関しては、ショップで買わなかった人に関してはフィルムを基本貼ってくれません。ケチですね~。でもまあそこは商売なんで。察してあげてください。

 

タブレット

これはいまだにおすすめされるのではないでしょうか?

タブレットの販売台数も、携帯ショップの重要な評価項目です。

タブレットは必要なひとにとっては本当に便利です。

ただ、タブレットが必要ない方のほうが多い気がします。

 

ぶっちゃけスマホで十分だし。

 

自宅wi-fi・ポケットwi-fi

 

はい、これもいまだにすすめられると思います。

もちろんこのwi-fiも携帯ショップの重要な評価項目の一つ。

だから自宅にネットをいまだにひいてない人は、携帯ショップに行くたびにすすめられてうんざりすると思います。

 

もし自宅にネットをひこうと考えているなら、申し込みする手段は

  • 携帯ショップ
  • ネット

この2つです。

ただ、携帯ショップで申し込みするのは少し間違いかもしれません。

なぜなら、ここでも携帯ショップの悪いクセで

余計なオプションをすすめられたり強制的に加入させられたりします。

なので申し込みをするならネットがおすすめです。

なによりショップより特典が大きいですし。

 

ほかにもいろいろな商材がありますが、書き出したらきりがないのでここまで。

次は、携帯ショップに行かないほうがいい人を紹介。

 

「無知」のまま携帯ショップにいくのは危険すぎ!!

ただ何気なくショップに行くのは危険です!!

無知は自分を苦しめるだけです。

 

どんな人が行くべきじゃないのか?

正確には、「何の対策もしないで携帯ショップに行くべきじゃない」です。

じゃあどんな人が危険かを話します。

 

「断り切れない人」

携帯ショップに限ったことではないですけどね。

携帯ショップの人からするとはっきりいって「カモ」です。

そして、そういう人はショップの人に顔を覚えられます。

携帯ショップに来るたびにいろいろな商品をおすすめされます。

 

・対策

一番手っ取り早いのは

「携帯にちょっと詳しい人」

「ちゃんと断り切れる人を一緒に連れてくる」

これが一番効果があります。

家族や彼氏彼女、友達でもいいので一緒に連れて行くと携帯ショップの人間からするとちょっとひるみます。

商品をおすすめするときに一緒に連れてきた友達も納得させないといけなくなるので効果絶大!!

携帯ショップに行く機会なんてあんまりありません。「断り切れない人」はそういう人とスケジュールを合わせて携帯ショップに出向きましょう。

 

おじいちゃん・おばあちゃん

以前こんなひどいことがありました。

 

スマホのことは何も知らない。でも、孫とLINEしたいからスマホを使ってみたい。」

と年配夫婦が来店されました。

すると、10万円もするスマホを紹介され、さらには128GBのSDカードまで込みでした。スマホ初心者向けのかんたんスマホがあるにもかかわらず。

店員さんは

「だいたい初心者のかたでもみんなこちらをつかってますよ。」

と案内。←真っ赤なウソ

「高いけど、店員さんがおすすめするなら。。」

と、仕方なく購入。

ただ、購入後は操作案内もろくにせず、

さらには自宅ネットやタブレットまですすめます。

結果。携帯料金が以前の10倍以上に跳ね上がり、その文句をショップに言いに行っても

「でも納得されて購入されたんですよね?」

と、相手にもしてもらえず。

泣き寝入りするしかありませんでした。

 

こういうことは、いまだに全国のショップでたびたび起こってます。

 

・対策

じゃあどうふせぐか?

「断りきれない人」とほとんど同じですが、

  • 信用できる息子・娘と同伴で携帯ショップに行く。
  • 携帯の知識がある人と同伴で行く。
  • 断りきれる人と同伴で行く。

もうこれに尽きます。

単独で行くのに不安であれば絶対に誰かと行きましょう。

 

ネットで携帯を購入するのもあり

あくまで自分の中での考えは、

「だいたいどこのショップも売りつける」

です。

何も売りつけない健全なショップは潰れていくでしょう。

それくらい毎月のノルマがきついんです。

ただ、

「携帯ショップの店員も苦しんでいる」

ということはわかってください。

 

先ほど言った対策でも不安であれば、

ネットで携帯を購入するのもありです。

そしたら、好きなスマホを選ぶことができ、

料金プランやオプションも好きに選べます。

だから、賢い人はネット購入する人が多いです。

 

ただ、もちろん購入前にネットで下調べは重要です。

携帯会社を変えるなら、

移りたい携帯会社の評判を調べる。

これくらいは最低限しておいたほうがいいでしょう。

いまは格安スマホの会社もどんどん出てきています。

選ぶ会社によっては不便になることも多々あるので気を付けましょう。

 

ドコモからの乗り換えなら「LINEモバイル

  • スマホアプリ「LINE」の会社が提供しているので安心!!
  • 料金も月々500円~
  • LINE、TwitterfacebookなどのSNSが通信速度きにせず使い放題!!
  • 通信エリアはドコモと同じ!!

また、SIMフリー・またはドコモのスマホを使っている人は、

機種そのままLINEモバイルに変えられます。

 お子様の初めてのスマホにも最適です!!

簡単操作で申し込みができ、充実のサポートもあります。

 

    

 

auからの乗り換えならCMでも話題「UQモバイル

  • 月々1480円~
  • 通信エリアはauと同じ!!
  • 店舗が多いので、万が一の際も安心!!
  • データ無制限プランもある

また、SIMフリー・またはauスマホを使っている人は、

機種そのままUQモバイルに変えられます。

 

こちらもカンタン操作で申し込みができます。

 

 

このように、格安スマホも様々あります。

「今の料金からこれ以上安くできない!!」

という方は格安スマホならもっと料金を抑えられます。

 

まとめ

携帯料金の引き下げをうたっていても、実情はその他の部分で経済を圧迫しています。

本当は、一人ひとり適切な携帯をもち、適切な料金で使うのが一番いいです。

一人でも多く先述した被害にあわなくなれば幸いです。

携帯を変えるのは2年に一度のことです。

対策をおろそかにして2年間苦しむはめになる前に、

携帯ショップにいくなら対策をしていきましょう。

 

今回はここまで。